植民地主義と帝国主義の形態

これは、既存の植民地に隣接する土地でしばしば発生しました。 影響力の範囲は、通常、他の領土に干渉しないことに同意した国を支配する人との間、または支配国と領土の代表者との間の条約によって確立された。 これは通常、コロニーまたは保護領の確立の前駆体でした

コロニーは、コントロールの最も直接的な形態です。 それは、強力な国家が独自の政府を設置し、他の国や地域を支配している帝国主義の一形態です。 この形式の帝国主義では、外国の役人が持ち込まれ、政府はヨーロッパの政府スタイルにのみ基づいています。 政府には地元の人々は許可されていませんでした。 フランスとイギリスはしばしばこの直接制御を使用しました。 イギリスはナイジェリア、インド、ビルマなどの歴史を通して多くの植民地を持っていた。 植民地は、その後、他の海外市場で販売するために出荷された原材料や商品の源を提供しました。

保護国は、国が独自の内部政府を通じて自分自身を支配することができますが、まだ外部の力によって制御されている場合です。

保護国は、国が 地方政府の役人はまだ使用されていますが、政府のスタイルはヨーロッパの構造に基づいています。 制限された自己支配があり、権力のある国は外交関係の支配を維持し、それが支配する国に防衛を提供する。

You might also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。