発達表面失読症とdysgraphia:正書法処理障害

この研究は、小児期から重度のスペル障害に苦しんでおり、現在9年2ヶ月のスペル年齢を持っている彼の二十代前半の若者の詳細な調査を提示します。 Campbell and Butterworth(1985)やFunnell and Davison(1989)によって報告された発達音韻失読症とは対照的に、音韻意識のテストに対する彼のパフォーマンスは良好である。 さらに、彼は非単語を有能に読んで綴ることができ、通常の9歳の子供とは異なり、事実上すべてのスペルミスは音韻学的に適切です。 これらのエラーのさらなる分析は、彼が与えられた音素を書くことができるさまざまな方法の多くの知識を持っていることを明らかにし、彼は彼が単語で以前に使用しているものとは異なる単語の終わりに音素-書記素対応を使用していることを明らかにします。 しかし、彼は珍しい音素対書記素対応を含む単語を綴ることが困難であり、正書法スペル辞書を開発していないという見解と互換性があると考えている。 彼の言葉の口頭での読書は迅速で一般的に正確ですが、彼の語彙的決定性能の分析と彼が同音異義語を定義する方法は、彼が完全に指定された語彙 我々は、彼が一般的な正書法処理の赤字に苦しんでいることを示唆し、代わりにサブ語彙音韻と単語が綴られる方法についての部分的な情報のみを含 これは、多くの不規則な単語でさえ、合理的に有能な読書につながりますが、非常に貧弱なスペルを生成します。 発達失読症の質的に異なるタイプが本当に存在すると主張されているが、正書法の処理欠損ではなく音韻を持つ子供では、読書障害がはるかに顕著である可能性が高いと主張されている。

You might also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。