DoIT presents plan to redeign campus email system

ウィスコンシン大学マディソン校の技術部門は、キャンパスの電子メールシステムをWiscMailからMicrosoft Office365に変更し、マディソン調整評議会の関連する学生に変更する計画を発表した。

情報技術部門のエンタープライズインターネットサービスのディレクターであるChris Holsmanによると、UW-Madisonは、キャンパス内のコストを削減しながら効率を増やそうとする”administrative excellence”と呼ばれるイニシアチブを持っています。

八ヶ月の期間にわたって、管理優秀チームは、キャンパスがその電子メールシステムを再設計することができますどのように議論しました。 学生やスタッフと話をしたり、アンケートを見たりした後、チームはMicrosoft Office365が全体的に優れたシステムになり、現在の電子メールコストの半分を削減するこ

“キャンパス内の電子メールとカレンダーは、潜在的な効率性が得られる可能性がある場所を特定した分野の一つでした”とHolsman氏は述べています。

Holsmanは、システムの変更は、新しいMicrosoft Office365の同等の対応にWiscMailの電子メールとカレンダーからの転送から始めて、二つの段階で移行すると述べました。 第二段階では、各学生は、SharePoint、OneDriveとLync、キャンパスのコミュニケーションを向上させることを目的とした異なるアプリケーションを受信します。

“@wiscであるすべてのアドレス。eduはWiscMailからOffice365に移行される予定なので、それはすべての人です”とHolsman氏は述べています。

調整評議会のメンバーは、移行に関するいくつかの側面について意見を述べました。 彼らが議論した一つのトピックは、現在WiscMailを使用している60,000人以上の学生とスタッフがいるため、移行プロセスを開始する必要があるときでした。

立法問題の議長モーガン-レイは、彼らが代わりに古いシステムに慣れるの新しいシステムで彼らの最初の学期を開始することができますので、入 メンバーはまた、DoITは夏に移行を開始することを提案しました。

ホルスマンは、彼が学生がこの移行を開始する最も早いと考えていると述べました三から六ヶ月になります。

“我々はまだ形成段階にあり、多くの技術的な作業を行ってきましたが、実際にどのように実装するかは、まだ私たちが整理しようとしているものです”とHolsman

You might also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。