Fair Housing

免除

この法律には、会員に占有を制限する組織または民間クラブが運営する住宅、高齢者専用の住宅、不動産ブローカーなしで四台以下の所有者占有建物、または一戸建て住宅(売却または賃貸)は含まれていない。

機会均等

以下は許可されていません(人種、色の起源、宗教、家族の状態、性別、または障害に基づいて):

  • 広告または制限または好みを示す声明(免除プロパティを含む)
  • 住居の拒否
  • 住宅の販売または賃貸に関連する施設またはサービス(複数のリスティングサービスなど)へのアクセスまたはメンバーシップを拒否する
  • 住宅が検査、販売、または賃貸のために利用可能であることを誤って否定する
  • 利益のために、所有者に販売または賃貸を説得するブロックバスティング
  • 住宅を利用できないようにする
  • 異なる住宅サービスや施設を提供する
  • 住宅のための交渉を拒否
  • 住宅の賃貸または販売の拒否
  • 住居の販売または賃貸のための異なる条件、条件または特権を設定する

住宅ローンの融資に関しては、以下:

  • プロパティを評価する差別
  • 異なる金利、ポイントや手数料など、ローンに異なる条件を課す
  • 住宅ローンを作るために拒否
  • ローンに関する情公正な住宅の権利またはその権利を行使する他の人を支援します。

    苦情を提出

    あなたの公正な住宅の権利が侵害されていると感じ、苦情プロセスについての詳細を知りたい場合は、303-894-2997または800-262-4845(フリーダイヤル) または、303-672-5437、または800-877-7353(フリーダイヤル)、またはTTY303-672-5248で公正な住宅と機会均等の米国住宅都市開発局に連絡することができます。

You might also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。